安全衛生と環境

アーク溶接においては光、熱、粉塵など様々な危険要因が伴います。具体的には次のような要因があげられます。

 @アーク熱
 Aアーク光
 Bスパッタ、スラグ
 Cヒューム
 Dガス

これらの危険から人体を保護するために、管理者及び溶接作業者は適切な防止対策を採り、溶接作業者、さらには作業場全体の安全を確保しなければなりません。
溶接材料の適切な使い方を遵守することも必要です。

また、近年は地球環境への配慮も必要とされ、日本溶接材料工業会では各種の安全衛生に係わる規制・規則への対応を行っています。



SDS (Safety Data Sheet、化学物質等安全性データシート , (※旧呼称:MSDS))

  基本書式フォームは日本溶接材料工業会で検討、統一しています。溶接材料メーカー各社のホームページ等から取り寄せることが可能です。